『THE すまいのハザードマップ』

ビジネスマスター・プラスについて

店舗や事業所を賃貸されている方、または建物の補償は企業総合補償などで既にご加入されている方で、賠償責任や、おケガの補償も心配な方には、「ビジネスマスター・プラス」をおすすめいたします。

  • 貴社の抱えるリスクにあわせて、5つのユニットより、2つ以上をお選びください。
  • 賠償ユニット、傷害ユニットは、単体でのご契約も可能です。

店舗保険

店舗保険 一般物件用火災保険

選べる補償範囲

選べる補償範囲

補償内容

基本の補償

補償名 概要
物損害ユニット →物損害ユニット

建物、設備・什器、商品・製品等の財物を取り巻くリスクを補償します。

例

火災、落雷、破裂・爆発、水災、電気的・機械的事故、その他不測かつ突発的な事故による損害に対し、保険金をお支払いします。

休業ユニット →休業ユニット

財物損害に伴う休業損失を補償します。

例

火災などの事故によって、対象物件に損害が生じた結果、貴社の営業が休止または阻害されたために生じた損失などを補償します。

さらにプラス

オプション

補償名 概要
ユニット共通 損害防止費用 →クレーム等対応費用補償特約

業務に関連するクレーム行為、使用人の信用毀損等の行為によって、貴社が負担した弁護士費用を補償します。

損害防止費用 →従業員による不誠実行為補償特約

使用人が、「窃盗・強盗・詐欺・横領、背任行為」を行い、「業務用の設備・什じゅう器等、商品、業務用の通貨、預貯金証書等の財物に生じた損害を補償する特約です。
(保険期間を通じて100万円が限度。1事故につき自己負担額10万円。)

物損害ユニット
物損害ユニット
損害防止費用 →地震危険補償特約

    地震または噴火による火災、破裂・爆発、損壊のほか、津波等による水災などの損害を補償します。

損害防止費用 →現金盗難損害補償特約

    通貨等盗難損害保険金の限度額を1事故100万円から1,000万円に引き上げます。

損害防止費用 →冷凍損害補償特約

    冷凍・冷蔵装置、設備が破壊・変調、機能停止した場合、商品・製品等に生じた損害を補償します。

損害防止費用 →情報メディア等損害補償特約

    コンピュータウィルス、不正アクセスなどの事故により、記録媒体、プログラム、データなどに生じた損害を補償します。
    (1事故につき、自己負担額8万円または損害額の10%いずれか高い額。)

損害防止費用 →屋外看板・自動販売機損害補償特約

    対象建物外に設置された看板・自動販売機に生じた損害を補償します。

損害防止費用 →臨時費用補償特約

    臨時に生じる費用に対して、損害保険金の10%相当額をお支払いします。
    (1事故につき、100万円が限度。)

休業ユニット
休業ユニット
損害防止費用 →ネットワーク中断による休業損失等補償特約

    ネットワークを構成するIT機器等が機能停止した為に生じた貴社の休業損失、営業継続費用を補償します。
    ※連続して3時間を超えて継続した場合
    (1事故につき、休業ユニットの保険金額が限度。)

このページは概要を説明したものです。

▲ TOPへ